恒星、惑星、衛星。それぞれの特徴とは

Pocket

スポンサードリンク



恒星とは

恒星とは自ら光を出すことのできる天体の事で、太陽系で言えば、太陽にあたり、高温のガスからなる天体です。

恒星(太陽の場合)の大半は水素(H)で出来ていています。

水素は超高温になると、核融合反応が始まって水素原子核が集まってヘリウム(He)が出来ます。

この核融合反応で熱エネルギーや光が発生し、地球まで届いています。

夜空に見えるほとんどの星々は天の川銀河内の他の恒星です。

恒星はその大きさによって、星の寿命が来た時後の形態が違います。

太陽よりもっと大きな恒星(30倍以上)は最終的にはブラックホールになりますが、太陽サイズの恒星は“白色矮星”になって生涯を終えます。

太陽    出典 : Wikipedia

惑星とは

太陽系で言えば、地球や木星など。

恒星の周りを公転している天体のことを惑星といいます。

太陽の周りには8個の惑星が公転しています。
(水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星)

『惑星』という名称は、地球上から他の太陽系の惑星を見た時の動き方からきてます。
夜空を見上ていると、ほとんどの星(太陽以外の恒星)は規則正しく動きます。
これは地球が自転しているので、動いてるように見えるだけ(星の見かけの動き)で実際に星が動いてる訳ではありません。
しかし、惑星(土星 等)は違います。
惑星は実際に動いているので、惑星が動いた動きと、地球が自転、公転して動いているように見える動きが混ざって、全然規則正しい動きになりません。東に動いたかと思えば次は西へ、というように。
まるで、進むべき道に迷ってる様な動きから、【惑う→惑星】と呼ばれています。

 

惑星についての関連記事 サイト内リンク

→神秘的な惑星。土星について~ほのぼのスタイル

衛星とは

太陽系で言えば、地球の衛星・月や木星の衛星・イオなど。

惑星の周りを公転している天体の事を衛星といいます。

我らが地球の周りを公転している月も衛星です。

地球には衛星はひとつですが、木星には60個以上の衛星があります。

惑星の軌道上にあっても、氷の塊などは衛星と呼びません。

月越しの地球     出典 : JAXA

太陽系はここまでわかった (文春文庫)

中古価格
¥13から
(2016/12/14 21:39時点)

スポンサードリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です