「クローン」はすでに存在している!?

Pocket

クローン技術って聞いた事ありますよね。

 

 

受精卵を二つに分けることで、二個の個体を作成するというものです。

 

 

勿論、人間のクローン作成は禁止されています。

自分がもしクローン人間だったらと思うとやってられませんよね。

 

 

 

人間のクローンは禁止されていますが、動物は別です。

スポンサードリンク



「ブランド牛」の多くはクローン牛

美味しい牛の育て方の知識はありませんが、良い牛は遺伝子レベルでも決まるようです。

 

そして、同じ遺伝子の牛の方が「品質」を一定に保てるのです。

 

その理由で、「ブランド牛」の多くはクローン技術を駆使してクローンで「生産」されています。

 

 

 

クローン牛は受精卵を二つ以上に分けて作ります。

細胞ってすごくて、分けられてもそれらがまた一つの完全な受精卵になるんです。

そして、たくさん作った受精卵を牝牛に戻せば同じ遺伝子を持った全く同じ牛が生まれくるという訳です。

 

 

 

 

僕も、お肉は頂きますし、牛肉も大好きなので他人事ではありませんが、“将来、殺されて食肉にされるために複製”される牛の事を思うと色々考えさせられます。

 

 

 

食物連鎖の頂点に立っている私たち人間は、常に感謝の気持ちをもって生きていかなければいけませんね。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です