耳を塞いだ時の“ゴー”という音の正体

Pocket

 

みなさんこんにちは。

三度の飯より、たこ焼きが好き!(←飯やんけ!)
当サイト管理人です。

 

みなさん。

両耳を手の平で軽く覆ってみてください。
“シュワ~”、“シャ~”という音が聞こえます♪

今度は手の平や指で完全に耳を塞いでください。
“ゴ~”、“ジャ~”という音が聞こえてくると思います。

これらの音の正体はなんなのでしょうか?

今回は、「耳を覆った時の音」「耳を塞いだ時の音」の不思議に迫ります。



「耳を覆った時の音」の正体

 

「耳を覆った時の音」は周囲の雑音だと考えられています。

私たちの周囲には雑音(音)で満ち溢れています。

音は大きく分けて、『高周波』と『低周波』があり“うるさい!”と感じる音は『高周波』の音です。
人の耳は『低周波』の音に対する感度が低く、あまり聞こえません。

 

「耳を手で覆う」事で、高周波の雑音がある程度遮断されます。

そして、手の平と耳の空間で『低周波』の音が増幅されて聞こえるようになるのです。
(ラップの筒などを耳に当てても同じような現象が起こります)

覆う手の角度を変えることで、増幅される量・遮断できる高周波の量が変わり、聞こえる音の高さ・大きさも変わります。

 

 

「耳を塞いだ時の音」の正体

 

では完全に塞いでしまったらどうでしょう?

今度はさっきより低い音で“ゴー”という音が聞こえてくると思います。

この音の正体は、血液の流れる音や体内の音だと考えられています。
耳を完全に塞ぐことで外部の雑音が大幅にカットされ、小さな音も聞こえだします。

蝸牛(かぎゅう)等の耳の器官を流れる血液の音が聞こえます。
骨伝導で体内の小さな音も聞こえます。
指で耳を塞げば、指の中を流れる血液の流れや筋肉繊維が動く音も聞こえます。

様々な音が混ざって、あの“ゴ~”という音が聞こえるという訳です。




今日も生きている♪
耳を塞いだ時の音には感動すら覚えます♪

落ち込んだ時等や嫌なことがあった時は、
そんなことまったく気にしないで元気に生きている自分の体の音を聞いて元気をもらってみては?




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です