『戦国時代』の雑学

戦国時代の雑学

ロマンあふれる戦国時代。

そんな戦国時代にも雑学はあります。

このページでは、『ほのぼのスタイル』の戦国時代に関する雑学を集めてみました。(随時更新)


戦国時代に各地で勃発していた領地争いの戦(いくさ)。

遠い敵地まで進軍する訳ですが、
地元から遠く離れた敵地までの進軍中や戦中は一体何を食べていたのか?

また、1,000人~100,000人以上の兵がぶつかり合う戦(いくさ)の戦い方とはどのようなものだったのか?


戦国時代には大名などに仕える『小姓』という職業がありました。

ご想像の通り、主な仕事は仕えた主人の身の回りのお世話ですが、、、
“身の回りのお世話”の範囲が広すぎた!!

戦国時代の知られざる職業、『小姓』とはどのような職業だったのか?


あの「徳川 家康」に、
『日本一の強者である!』と言わせたと伝えられている「真田 幸村

若い頃から“人質”に出され、歴史の表舞台に上がらなかった幸村ですが、
仕えた「豊臣秀吉」が亡くなって、徳川家と豊臣家が不仲になると戦国時代最後のおおいくさ!『大坂の陣』が始まります。

真田幸村が大活躍し、その生涯を終える戦い、、、。
猛将とうたわれた「真田 幸村」を打ち取ったのは誰なのか?


「石田三成」は、仕えた秀吉から『茶坊主』と呼ばれていたという逸話があります。

そう呼ばれていた理由に、『三献の茶』というエピソードがあります。

逸話なので、実際にあった出来事なのかは定かではありませんが、
『三献の茶』のエピソードをコミカルにお届けします。


戦国時代の雑学リスト

☞全ての『戦国時代』の雑学

       

シェアする

フォローする